お急ぎの方、ギフト内容の相談はこちらまで

0120-11-1970 受付時間:10:00~18:00
札幌市内・近郊送料無料!!全国の街へ電話一本でお花をお届けします!
メールでのお問い合わせ
VISA MasterCard JCB American Express Dinaers Club International

供花と献花の違いとは?

 

意外と勘違いされやすい供花と献花は、どちらも同じものだと思っている方は多いです。 葬儀のお花は故人をはじめ、遺族の冥福を祈るとても重要なものですから、今一度、供花と献花の違いについて再認識されませんか。

供花とは?

葬儀会場・祭壇を飾るために供えるお花のことで、供花には「故人を慰める」といった意味が込められており、お悔やみの気持ちを伝えるものでもあります。故人と親しかった方をはじめ、葬儀に参列できない方が贈られることが多いです。また、家族一同・会社一同・友人一同など、より親しかった間柄同士で供花を贈ることもあります。 キリスト教の場合は、教会まで手軽に持ち運べるように、花束やかご花を贈るのが一般的です。供花に用いられる花は、宗教や地域によって異なりますが、おもに白菊や蘭、ユリなどが多く、最近では、フラワーアレンジを供えるところも増えてきました。とくに、白でなければならないという決まりはないため、故人が好きだったお花を供えることも可能です。 ただし、その場合は落ち着いた色花が理想とされますので注意が必要です。

献花とは?

参列者が1人1本ずつ取り、祭壇に供えたり、お棺に入れたりするお花を献花といい、キリスト教では、お焼香の代わりに使われます。献花として使われている花は「白」が一般的で、生花のみです。おもに、カーネーションや菊などが用いられるのですが、人によっては、故人好みのお花を献花にする方もいます。 献花の準備は、ほとんど葬儀会場や葬儀社が行いますので、準備する必要はありませんが、どうしても花の指定・要望がある方は、事前に葬儀社と相談をしてから会場に持ち込むようにしましょう。

当店では、供花に最適なフラワーアレンジメントをご紹介しております。葬儀会場や告別式に最適なスタンドフラワーから、法要や命日にお供えする胡蝶蘭、遺影周りのアレンジメントまで、法事用のお花を幅広くご用意しております。通販でのご注文も承っておりますので、法事を控えている方がいらっしゃいましたら、お気軽にご利用ください。

札幌の花屋(フラワーショップ)【札幌花スタイル】 概要

会社名 株式会社 明道香風園
所在地 〒060-0055 北海道札幌市中央区南5条東3丁目10番地
クラシックハイム1階
電話番号 0120-11-1970
FAX 011-511-1986
メールアドレス kofuen@myodo-k.co.jp
URL http://www.myodo-k.co.jp/
業務内容 生花、プリザーブドフラワー等フラワーギフトの販売
説明 北海道札幌市のフラワーショップ(花屋)「札幌花スタイル」では札幌市内なら送料無料でお届けしております。当日配達も承っております。記念日や 誕生日 開店祝いのお花、 プリザーブドフラワー、ブライダルフラワー、 プレゼントに最適なリカー&フラワーやバルーン&フラワーなどフラワーギフトに関すること何でもご相談ください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

Sapporo花Style公式 facebookページはコチラから

Mobile スマホページQR

スマホページQR

ページトップへ